病院

腰の病をすっきり治す話題の郡山青藍病院|危険な胆管がんの自覚症状

気をつけるべき自覚症状

手

胆管と呼ばれる部位に発生するがんといえば、胆管がんでしょう。胆管がんは胆管の異常によって、黄疸や白色の便など、さまざまな自覚症状が現れます。血液検査や腫瘍マーカーを用いた検査でがんの有無を調べられるので、40歳以上の罹患するリスクの高い人は必ず年に一度は検査を受けましょう。

More Detail

難病である厄介な病

患者と看護師

難病指定されている潰瘍性大腸炎は、簡単に治療することができない病です。放置することで重症化し、潰瘍のがん化や腸管出血を招くため、問題となります。内科、外科療法での治療のほか、毎日の食生活の改善によって、この症状を抑制することができるでしょう。

More Detail

免疫療法の効果を高める

ベッド

免疫療法は、副作用のない方法として現在多くの人から注目されているガンの治療法です。キラーT細胞の数を増やす治療法のほか、最近では免疫療法の効果を高める樹状細胞療法と呼ばれる方法もあります。正常な細胞になりすますがん細胞を検知し、効率的に免疫細胞で攻撃させることができるのです。

More Detail

レーザーで腰痛を治す

病院内

加齢によって多くの人が発症する病といえば、腰痛が挙げられます。長年の姿勢の悪さと筋肉の衰えによって、この腰痛は発症するのです。筋肉の炎症が原因である腰痛であれば、マッサージや鎮痛剤の使用によって改善することができます。しかし、腰痛の中には神経が圧迫されることで発症する場合もあるので、注意が必要となるのです。神経の圧迫によって現れる病といえば、脊柱管狭窄症が有名です。加齢によって背骨が変形し、体の神経が通る脊柱管が狭くなることで、この病は発症します。強烈な痛みと同時に、通常の腰痛とは異なる下半身の痺れや、手足の痺れなどが発生することが特徴です。放置すると半身不随となる可能性もあるので、早めの治療が必要となるでしょう。脊柱管狭窄症などの腰に現れる病を治療するならば、郡山青藍病院へ受診することをおすすめします。口コミやランキングサイトでも上位にランクされており、外科療法や保存療法によって脊柱管狭窄症の症状を改善させてくれるのです。

郡山青藍病院が行なう治療法の中で、特に人気の治療法といえばPLDD手術でしょう。脊柱管狭窄症と同じく、神経を圧迫して強烈な腰痛をもたらす病、椎間板ヘルニアをたったの5時間で治療することができるのです。PLDD手術では、医療用レーザーを照射することでヘルニアの症状を改善させます。椎間板ヘルニアは、背骨のクッションとなる椎間板が飛び出してしまうことで、腰の神経を圧迫する病です。郡山青藍病院が行なうPLDD手術は、この飛び出した椎間板をレーザーによって削ることで、神経の圧迫を治すことができるのです。日帰りで治療ができるので、仕事や学業に影響を与えず、ヘルニア治療を行なうことができるでしょう。